カテゴリー別アーカイブ: スローガン

3月スローガン

IMG_03553月スローガン 【レジリエンス】
再起力や逆境力、折れない心と定義されるレジリエンス
逆境下でもパフォーマンスを発揮し続けることのできる人材が求められる中、この定義が注目を浴びています。
  以前からタフと言う言葉はよく使われますが、タフネスはストレスに対して傷つかずに十分な対応力を持ち、信念を持って突き進むことが出来る「折れない強さ」
 レジリエンスが表現するのは、傷つきや対処できない状況においても「柔らかく生き延びる力」とあります。
 ◆レジリエンスが強いタイプは、逆境に遭遇してもうまく乗り越えることが出来、逆境を成長の
  ための原動力に変えることが出来る
・木本の切り替えがうまい
・考え方が柔軟で多様性を受け入れる
・自分の強み、良い面を認識している
・周りの人と協力関係を築ける
・失敗してもチャレンジし続ける

 ◆逆に弱いタイプは、仕事上でたびたび訪れる逆境に対して弱いため、通常のパフォーマンスを
  発揮できるレベルに回復するまで時間がかかる
・身持ちの切り替えが苦手
・考え方の柔軟性が乏しい
・自分のネガティブ面ばかりに注目する
・一人で抱え込む/対人緊張が強い
・失敗を恐れてチャレンジしない
このレジリエンスも先月の成長欲求ではありませんが、新人、若手社員に対していかに「しなやかで折れない心」の鍛え方がポイントとあります。
 しかし、これは新人や若手だけではなく経験豊富な人たちにも当てはまります。
      新人に抜かされないよう頑張りましょう! 

 

2月スローガン

平成31年2月1日 2月スローガン  【成長欲求】

「今年の新入社員は一度注意したことはすぐに直すがまた繰り返す。積み上がっていかない」
「素直なために言われたことはやるが、指示待ちで主体性に欠ける」など……
 新入社員に対してよく言われるフレーズです。
新入社員自ら仕事を経験し、その経験から学習すること、この「経験学習」が社員を成長させることが出来るポイントとあります。

・前提   ⇒ 成長欲求、目標の設定、必然性の認識 が前提で、 
・プロセス ⇒ 自分で考え やってみる 没入する 振り返る他者と関わる  

 経験学習の前提とプロセスにはこの要素があって、これらを世代別にアンケートすると、【成長欲求】が新卒1年目の社員ほど高く意識していることが分かり、取り組む業務が「自分の成長につながるか?」を重視する傾向にあるようです。

 新しく巨人の3軍のコーチになった村田コーチ
 自ら成長したいと思う選手にサポートするのが自分の仕事
 そうではない選手には教えない こんな考えでのぞむと聞きました。

 年齢を重ねれば成長欲求が薄れるのか?
 そんなことはないはずです。

    日々是新 日々是成長   成長を実感しましょう

遅ればせながら本日、総合朝礼を行いました。
1月12日に行った全体会議での若手社員の報告が素晴らしかったので、思わずすべらない話ではないですが、「社長賞を出す~!」
営業なので当然、売り上げを上げるためにするのですが

 目的が明確で、その手段も的確 行った行動も自ら汗をかく そして得られた成果も 作業としての結果ではなく 先方の心を動かすこととなる 素晴らしいものでした(^.^)v

    こんな社員と一緒に仕事ができて幸せです  うれしい~♬
 

 

12月スローガン

IMG_994812月スローガン  【師走】
師走の語源には諸説あるようですが…現在では日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習があり、そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、東西を行ったり来たりと大忙しになります。
その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説です。
あっという間に12月となりました。
1月に新年の目標を立て、その目標は達成できそうなのか?
その目標に対する道筋通りに歩いてこれらのか?
この一年を振り返るにはまだ少し早いとは思いますが、でももう12月…。一度立ち止まって考えてみるのもよいかもしれません。師走ですあっという間に時は過ぎ去ります
12月スローガン今になってのUPになってしまいました。
土日は朝一番の参拝ではなく、7時ごろになります。
幸いにもこの時間だと何とか境内に駐車でできます~第二駐車場へ回れと言われると正直ガックリきますよね…(~_~;)
休日は家内と一緒なのですが、たま木亭に寄るのも楽しみの一つとなっています。
しかし、此処のパンは絶品ですね~~~皆様一度はご賞味あれです♬

 

11月スローガン

IMG_982811月スローガン「仕事の優先順位」

1 重要性があり、緊急性もある仕事
2 重要性があり、緊急性はない仕事
3 重要性はなく、緊急性のある仕事
4 重要性はなく、緊急性のない仕事 

4つの項目に優先順位を付けると、2>1>3>4の順番になり、1より2が先なのはいざという時の対処ができるからだそうで、以下は実践するためのコツだとあります。

1、簡単なことからはじめる
2、忘れないための仕組をつくる
3、取りあえずはじめてみる
4、制限時間を設ける
5、仕事の中の重要なところを把握する
6、仕事の優先順位を判断する4つの項目を把握する
7、人に任せる
8、小さなことはサッと終わらせておく
9、todoリストをつくる
このリストに②の重要性があり緊急性が無い仕事を書き留めておく
     人は忘れる動物だと言います。
以前取り組んでいたSMIのtodoリスト すごく便利です
もう一度使ってみませんか???

今日の伏見稲荷の朝の気温は11度 一気に冷え込みましたね。
今月はこのタイトルにしましたが、社内でこの順番を理解できずに不具合を起こしました・・・。
幸いにも大事には至りませんでしたが、気のゆるみと、目先の仕事をだけをしていた結果です。
ISO的には中小企業は人が資源。
中小企業はこの人を育てなければ生きてはいけません…大変です。

10月スローガン

10月  スローガン

         【スペードの♠】

トランプでスペードのエースと言えば切り札として使われます。
どのカードより強くこれを出せば負けないカードです。
ビジネスにおいてもこのカードを持っていれば、最後の切り札として使うことができれば、
負けることはありません。

   では  コバヤシ産業のスペードのエースは何なのか?
         部署のスペードのエースは?
         担当者のスペードのエースは?
     商品力、機械力、技術力、ネットワーク力であったり、人間力であったり…。
        88年培ってきた中にこの答えがあるはずです
      それぞれにスペードのエースは違うのかは分かりません
        では自分の中での切り札はなんなのか?

        良いカードを自ら勝ち取りましょう!!!

みな切り札を持ちたいと思っているはずです
仕事だけではなく、持ちたいと思いますよね
誰にも負けない 趣味? 特技?

残念ながら自分には持ち合わせていません…仕事で頑張ります!!! 

 

9月スローガン

IMG_94889月スローガン百聞不如一見
  「百聞(ひゃくぶん)は一見(いっけん)に如(し)かず」

中国の故事で 「人から多く聞くより、実際に自分で見たほうが良い」という意味ですが、続きがあるようです。
百聞は一見にしかず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)
百見は一考にしかず(ひゃっけんはいっこうにしかず)
百考は一行にしかず(ひゃっこうはいっこうにしかず)
百行は一果にしかず(ひゃっこうはいっかにしかず)

たくさん聞くよりも、自分で見たほうが良い
たくさん見るよりも、自分で考えないとダメだ
考えるだけでなく、行動するべきだ
行動するだけでなく、成果をださないと意味がない 
   こんな感じです。
      聞いて、見て、考え、行動し、最後に成果を出す  故事に倣い実践しましょう!

暑い暑い夏8月が終えて少しは涼しくなるかと思いきや、連日の猛暑
そして、大きな台風が向かってきています。

昨日のL・H会のゴルフコンペ 雷の接近でゴルフは中断~我々は即座に中止午前中だけのスコアーで順位を決めます。
イップスも少しづつよくなってきていますが見事ブービー賞獲得
最下位のメーカーが定位置だったのですが進歩しています(^.^)

見上げた空には秋の雲もかかっています。
牛歩のごとくなのでしょうが…一日一日と季節は移り変わっていくのでしょう~取り残されないように先の先を見て歩まないとです!!!

8月スローガン

IMG_9298「潮時」潮時とは
・ 潮の満ちる時、また、引く時。
 物事を始めたり終えたりするのに、適当な時機。好機。
「潮時を待つ」「ピッチャー交代の潮時」
・時間。特に、一日のうちで出産や死亡の多く起こる時間。潮の干満の時刻に合わせて起こるからという…。
 どちらかと言えば物事の終わりを意味する言葉のように使っていますが、「好機」といったちょうどいい時期の意味でもあるようです。
 「しおどき」の同意語に「切っ掛け」という言葉があります。潮目が変わると言いますが、コバヤシ産業もまさしくこの変わり目。 潮時なのでしょう!
切っ掛けを掴み取る潮時(好機)です。
今まさにチャンス到来
   世の中の仕組みも大きく変わろうとしています。
    潮目を読んで勝ち組の波に乗りましょう!
 伏見稲荷 朝の4時で28度ありました。
今年の暑さを象徴していますね~ヒグラシのシャワーを浴びて今日も参拝することが出来ました。

まだまだ成果を上げるまでには至っていませんが、胎動を感じています。
潮目をしっかりとらえて成功しなければです!

7月スローガン

7月スローガン「ジョハリの窓」

ジョハリの窓は、心理学者のジョセフ・ルフト氏とハリントン・インガム氏の両名によって1955年に考案され、自己と他者から見た自己の領域を表すものです。対人関係の進展や自己理解に利用され、ビジネスにおいての能力開発にも効果を発揮するものとあります。

 ジョハリ

 

具体的には、自分自身の特性を「4つの窓」(開放、盲点、秘密、未知)に分類したものとなり、「自分による自分の分析結果」と「他人による自分の分析結果」を統合して該当する窓に当てはめていくことで完成させます。
 一般的には、「開放の窓(自分も他人も知っている特性)」を広げ、「未知の窓(自分も他人も知らない特性)」を狭めていくことが良いとされています。

自分の「ジョハリの窓」を描いて完成させるには、第三者からの情報(自分が他人からはどのように見えるか)が必要となります。「自分から見た自分」と「他人から見た自分」の情報から4つの窓を作り上げるためです。

ビジネスにおいても普段の生活においても自分を知ることは重要です。

ジェハリの窓の概念を理解してコミニュケーションを円滑にする。
        取り組んでみてください。

コメンテーターがラジオでジョハリノ窓のことを話されていました。
確か、片山プロの事であったように思います。
自分のことは自分しかわからないのですが、他から見て自分のことをどのように見えているのか…大事な視点ですね。
自問自答してみます。

あと、ある方から片山プロの現場での出来事を聞きました。
       「うぅ~ん」…です…。

 

 

6月スローガン

6月スローガン「SMARTゴール」

SMARTゴールとは以下の5つの条件を満たしているものです。

  • Specific 具体的
  • Measurable 計測可能
  • Actionable 自力で達成可能
  • Realistic 現実的
  • Time Limited 時間制限付き

「いつかお天気の良い日に世界で一番難しい山に登る」
「5年後、日本アルプスに単独登頂できるよう、これから毎日1時間体力つくりをし、週末はさらに30分ザイルなどのテクニックを習得する」

先の言葉は一つの条件も満たしておらず、下の例は5つの条件を全て満たしていることになります。

このSMARTゴール…これをやりなさいと言われてやるのか、自らがやるのか、自分にとって最適最大の目標を見つけ、達成すると言った、やる理由と必要性が見えているから自らやる。
そして、達成感という幸福を知っているからまた、目標を見つける。

   この考え方は子供の教育メソッドとして取り上げられています。
   「SMI」「七つの習慣」しかり突き詰めるところすべて同じです。

         高い目標を決めて進みませんか?

昨日のニュースで取り上げられていた話題をそのままスローガンにしました。
やる気を出させる…子供にも…社員にも…難しいですね。
ついつい感情的になる自分を抑えて、いかに想いを伝えるのか…日々勉強です!

 

5月スローガン

5月スローガン「仕事のプロセス」
プロセスとは①物事を進める手順
物事変化するときの経過物事が進む過程。    とあります。    

「物事を進める手順、物事が進む過程」
目的を達成するまでの工程一つ一つの進め方 という意味です。
「生産プロセス」であれば マニュアルのような出来上がりまでの過程・製造工程
「仕事のプロセス」であれば、「目的を達成するまでの一つ一つの進め方・考え方」
そのプロセスの積み重ねが結果になる、と。
「結果ではなくプロセスを大事にする」など、よく言われます。
・なんか知らんけど良い結果になった
・これをこうしたから良い結果になった
どちらを評価するかとなれば、(結果が全てという会社でなければ)後者となります。

語源はラテン語で「前に行くこと」という言葉だそうです。
前に行くための一つ一つの行動、それがプロセスです。 
プロセスなくして良い結果にならなかったときに振り返れません。
言われなくても普段の考え方と行動が、成功するプロセスを歩んでいる。
          30%ルールもしかり
蛇口をひねれば水が出てくるがごとく コレを当たり前にしたいですね!

ネットで引っ張ってきた内容です。
どなたかのページにあった文章です。
プロセスのことをうまくいわれていますよね。

企業に存続している限り仕事って自分のためだけではなく、teamのため、部のため、会社のためにでもあって、このプロセスもすべてにかかわっていることを認識する…大事ですね。

コバヤシ産業では71期の振り返りが無ければ72期に進めることはできないと、もうすでに1ケ月過ぎましたが、いまだに振り返りを・・・後ろ向きではありますが前向きな仕事だと自問自答して行っています。

IMG_8399 IMG_8404