求人情報| 代表メッセージ・社員の声

代表メッセージ

コバヤシ産業は「モノづくりの悉皆屋」です。
お得意様と協力業者の間に立って、それぞれの意向をくみ上げて形にすると言ったビジネスを展開しています。ソリューション(お困りごと)を基本とし、その仕事の成果としてお客様の喜ぶ笑顔を見ることができます。電子、プラスチック、天板、建材を事業の柱とし、新しい素材は日本国内のみならず、海外にも目を向けたビジネスをスタートしています。時代はこれまでの大量生産大量消費の仕組みにNOを突き付けています。社歴は創業以来90年になりますが、コバヤシ産業はこれからの時代を担うベンチャー企業です。
一緒に時代の寵児になりましょう。

今後のビジョン

コバヤシ産業はエボナイトの販売から、現在では電子・建材部門の素材の販売、
二次加工を中心としてビジネス展開してきました。
基本はソリューション(お客様のお困りごと)を解決することがミッションです。
そのためには今後も国内のみならず海外にも目を向けてその答えを導き出します。
電子部門、樹脂部門、BOARD部門、新事業開発部門、海外部門と
それぞれが独立した筐体を持ち、その中は日々変化、成長していきます。
コバヤシ産業は、社員と共に成長する【成長実感企業】として発展してまいります。
これからは広域なオフィス・展示は必要ありません。
自らが時代の一歩先を歩み、新しい時代に柔軟に対応した
「モノづくりの悉皆屋」として社会有意な商品を提供し続けるコア企業を目指します。

求める人物像

私たちは今後さらなる飛躍を目指すべく、次のような人材を求めています。

  • ・新しい時代へのチャレンジ精神旺盛な人材
  • ・人の心の痛みが分かる、心優しい人材
  • ・日々、自分の成長を楽しむことができる人材

社員インタビュー

  • 小林 貢さん
    職種:BOARD事業部
    勤続年数:22年(23年目)

    1.現在どのような仕事をしていますか?

    私はBOARD事業部で営業を担当しています。
    家具メーカー様向けに天板を提案し、カタログ掲載に繋がるよう交渉を重ねることもあれば、お客様から「こういったものを作ってほしい」という製作依頼をいただくこともあります。お客様の要望に沿ったものを作るため様々な素材を選定し、協力工場と製作の打ち合わせを行い、お客様の求めている天板を供給しています。

    2.仕事でやりがいを感じる瞬間はありますか?

    やりがいを感じる瞬間は、カタログに掲載された商品が販売好調な時です。カタログ掲載が決定してから売上に繋がるまでには少し時間を要するため、その間は少し不安ではあります。しかし時間が経つにつれ出荷量が増えているのを感じると、「よかった」という安心と、私が提案したものが多くの場所で使われるんだと思うと感慨深いものがあります。

    3.仕事で大切にしていることはありますか?

    私が仕事で大切にしていることは「信頼」です。
    やはり仕事をする上では欠かすことができず、お客様はもちろん、協力工場との信頼関係もなければ良い仕事はできません。お客様から「あの営業さんに頼めば大丈夫」と思ってもらえるよう、協力工場と協力してご満足いただける商品を提供できるよう日々心掛けています。

  • 荒木 啓介さん
    職種:G・E・T事業部
    勤続年数:1年(2年目)

    1.現在どのような仕事をしていますか?

    GET事業部、電子課に配属され、電子ごとに関わる営業活動を行っています。
    お客様より製品開発のご相談を受け、ひとつの製品が出来上がるまでをサポート、主にプリント基板が出来上がるまでの設計、製作に携わっています。
    電子という分野は今まで経験したことがなく、まだ手探りな状況ですが、周りの方々がしっかりフォローしてくれるので安心して業務に取り組めています。

    2.仕事でやりがいを感じる瞬間はありますか?

    やりがいを感じる瞬間は、お客様の求めるものを「形」にできた時です。
    ひとつの製品ができあがり市場に流通するまでには様々な試作検討がされており、お客様やベンダー様と試行錯誤を重ねながら1つの製品を作り上げていくようなプロジェクトは非常に醍醐味があります。

    3.仕事で大切にしていることはありますか?

    仕事で大切にしていることは「誠意」です。
    お客様からのご依頼は時に難しいこともあるのですが、そんなお客様からの要望にもできる限りの対応し、ひとつの仕事を終えた際に「ありがとう」という言葉を頂けるような、仕事ができるように心がけています。