BOARD事業部| 素材探求
新しい素材と革新的な加工方法のご提案

天板としての素材は、表面化粧材・基材・木口で構成されていますが、私たちはその素材を常に考え、とことん追及しております。
特に、メラミン化粧板の歴史はコバヤシの歴史と言っても過言ではなく、昭和に生まれた「こたつ天板」に代表されるような製品を世の中に供給してきました。
近年では海外の素材にも目を向け、お客様が求められる物や、高いアンテナで集めた情報で、新しい素材と革新的な加工方法のご提案も続けております。

ご家庭でお使いいただいていました方も多いのでは?
コタツの天板を裏返すとフェルトが貼ってある天板は
コバヤシ産業が作っていました。

  • 海外生まれのマットな質感を兼ね備えた
    アクリル化粧板【FENIX NTM®】

  • 天然の原材料で造られたファニチャー
    リノリウム【Forbo】を表面材に使用した天板

  • 【厚物メラミン化粧板】を加工し、そのまま
    天板として使用できるようオニメナットまでセット

マテリアルを知り尽くした天板屋だからこそできる、安心のトータルコーディネイトと
長年培った信頼とノウハウをもって、
【お客様が望まれるテーブルトップならなんでもできます】
これが私たちの口癖で、あらゆるご要望にお答えします。