鐃緒申鐃出ヤシTOP
鐃竣ラス鐃緒申鐃獣ワ申
鐃竣ワ申鐃夙器申鐃緒申
ODM
天鐃縦駕申
鐃緒申鐃緒申紂種申鐃緒申鐃緒申
鐃夙づわ申鐃緒申
鐃准¥申鐃緒申鐃夙ッワ申
HOME材料の種類加工の種類事例集お見積りQ&Aお問い合わせ

加工の種類

成形加工

直圧成形(コンプレッション)
材料は硬化性で上下型もしくはバラシ型に材料を投入、過熱加圧プレスを施す。
射出成形(インジェクション)
材料は硬化性、可塑性で型締めした金型に加熱溶解した材料を射出して材料を射出、硬化冷却する。
トランスファー
材料は硬化性で上下型もしくはバラシ型で型締め状態にてランナーをつけたポットに材料を投入。半射出状にて過熱硬化させる。
押し出し
材料をシリンダ内で加熱溶解させ、スクリューで押し出しトコロテンの様にダイを通過させる事により断面形状の製品を作る。
ブロー
押出機より溶解した材料をチューブ状に押出し金型で挟み内部に空気を入れて金型の内側に添わす。
真空
シートを加熱軟化させ型とシートの隙間を真空にしてシートを型に密着させる。
回転
粉末成形法の一つでドラム缶状金型の中に粉末材料を投入、金型を過熱、回転させ材料を金型内側に添わせた状態で冷却固化する。大型容器向き。
光造形
液状の紫外線硬化樹脂を紫外線レーザーを使用して硬化させ積層する事で3Dデータと寸分違わぬ精密な立体物を短時間で作る事が出来る。
ダイカスト
特殊鋼で精度の高い金型を作りダイカストマシンに取り付け溶解したアルミニウム・亜鉛・マグネシウム合金等を高圧で注入、凝固させ取り出す。
ディッピング成形
余熱した金型をPVC(液体)の中に浸しその型にPVCを付着させ、再び加熱(固化のため)、その後冷却し金型より製品を取り外す。その後、余分な部分をカット及び穴加工などを行う。
ゴム成型
コバヤシ産業株式会社では、ゴム成型(コンプレッション、インジェクション)も得意です。特に環境にも配慮し、各種添加剤の配合もお客さまのニーズに合わせ各種試験も徹底しております。

プレス加工

順送型
文字通り穴を抜き、次に外形を抜き、この作業を連続して抜いて行きます。
コンパウンド型
穴、外形を同時に抜きます。より精度を求めます。
トムソン型
フイルムなど、柔らかいものを抜きます。多数個取りが容易で安価です。

【主な材料】
ポリエステルガラスマット、メラミン、エポキシガラス、 短繊維、マイカ入りPET樹脂(ユニレート)
ファイバー、アラミド紙(ノーメックス)、ポリエステルフイルム(ルミラー)など、曲げ加工もOKです。
etc

切削加工

硬化性樹脂や可塑性樹脂で紙や布、ガラス基材などを入れ、板状や丸棒、パイプなどに予め成型されたものから目的に最も適した材料をセレクトし、加工を加えていきます。

金属加工

コバヤシ産業では歴史の浅い分野ですが永年培ったインサートナットの実績を元に先ず引き物を加工販売。民生機器製造分野より精密プレス加工を手がけ、最近ではダイカスト成形技術・マシニングを駆使した切削加工でも多くのお客様のニーズに対応しております。一貫生産の中では外せない金属加工、これからも貪欲に取り組んで参ります。


ページの上へ


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

オリジナル製品案内「燗匠(かんしょう)」
オリジナル製品案内「コックポリナー」
プリント基板との連携もできます!
 
コバヤシ産業トップページへ
 
Copy right(c) 2006-2017 Kobayashi Industry inc. All Rights Reserved.